クレカ

NTTファイナンス Bizカードを徹底解剖!他社比較と評判・メリットデメリットについても紹介。おすすめする理由とは?

NTTファイナンス Bizカードは年会費無料な上に、その特典を経費節減に活かせるため、起業したばかりの経営者や個人事業主にお勧めの法人カードと言われています。

NTTファイナンス Bizカードの特徴とその魅力について、実際にサービスを利用した人たちの口コミでの評判も交えて紹介します。

どこが便利なのか、どんな人に向いているのか、NTTファイナンス Bizカードの申し込みを考えている方は必見です!

 

[lp-h2 style=”1″]NTTファイナンス Bizカードとは?[/lp-h2]

NTTファイナンスBizカードは、NTTファイナンス株式会社が発行している法人及び個人事業主向けのクレジットカードです。

それぞれレギュラーとゴールドの2種類のステイタスがあり、全部で4種類のビジネスクレジットカードを提供しています。

会社名 NTTファイナンス株式会社
所在地 〒108-0075 東京都港区港南1丁目2番70号 品川シーズンテラス
電話番号 (03)6455-8810(代)
設立 1985年4月11日
従業員数(連結) 6,449名(2019年3月末現在)

 

[lp-h2 style=”1″]NTTファイナンス Bizカードの特徴[/lp-h2]

ビジネスで使うことを想定した便利なサービスが提供されるNTTファイナンスBizカードは、初めての法人カードとしてお勧めです。

具体的にどんな特徴があるのか見てみましょう。

[lp-h2 style=”2″]1.レギュラーカードは年会費無料[/lp-h2]

NTTファイナンスBizカードには、法人向けと個人事業主向けの2種類があります。

それぞれレギュラーとゴールドというステイタスの異なるカードが発行されていますが、なんとレギュラーカードは年会費が無料です。

他社の法人向けカードでは初年度は年会費無料というところはありますが、2年目からは年会費が必要になるところがほとんどなので、とても珍しいサービスです。

NTTファイナンスBizカードの場合は、本カードだけではなく、追加カードも年会費が無料ですので、大きなメリットとなります。

尚、ゴールドカードは年会費が10,000円(税別)かかりますが、高額保障の海外旅行保険や空港でのラウンジサービスなどの特典が付与されています。

[lp-h2 style=”2″]2.ポイント還元率1.0%[/lp-h2]

NTTファイナンスBizカードの魅力は、なんといってもポイント還元率の高さです。

レギュラーカード、ゴールドカードともにカード決済100円につき、1円相当のポイントが貯まる仕組みとなっており、ポイント還元率1.0%という高還元率を実現しています。

還元率はどこで決済しても1.0%となるため、実店舗だけではなく、楽天市場やYahooショッピングなどのネットショッピングでも同じポイントが貯まります。

一般的に、法人向けクレジットカードのポイント還元率は0.5%程度なので、実に2倍の還元率を享受できます。

貯まったポイントは、dポイントのような共通ポイントやVISAギフトカードのようなギフト券、またキャッシュバックすることも可能です。

通常、ポイントをキャッシュバックする際には還元率が下がることが多いですが、NTTファイナンスBizカードではキャッシュバックも還元率は1.0%!

カード利用代金の請求金額からの割引となるため、手軽に貯まったポイントを使うことができます。

[lp-h2 style=”2″]3.利用明細の分割機能[/lp-h2]

NTTファイナンスBizカードでは、「WEB明細編集サービス」という便利なファンクションが提供されます。

これは、カード使用後のWEB明細を”交際費”や”通信費”など、経費ごとに最大10分割して明細を作成することができる機能です。

メモ機能も付いているため、”交際費”も”〇〇社の接待”などと追記をすることができ、経理処理がかなり楽になります。

また、「WEB明細編集サービス」を使うことで、”事業用”と”プライベート用”に分割して作成することもできます。

このように、NTTファイナンスBizカードは1枚で様々な支払いを完結することができるため、複数のクレジットカードを持ち歩きたくない人や、目的により使用するカードを分けたくない人にとっては便利な機能です。

また、使用するカードを1枚に集約することで、結果的にポイントも貯まっていきます。

詳細ページ公式ページ

[lp-h2 style=”1″]NTTファイナンス Bizカードのメリット・デメリット[/lp-h2]

どんなサービスにも強みと弱みが存在します。

NTTファイナンス Bizカードのメリット・デメリットを具体的に見ていきましょう。

 

[lp-h2 style=”2″]NTTファイナンス Bizカードのメリットとは?[/lp-h2]

[lp-h2 style=”3″]1.会員専用サイト”倍増TOWN”で還元率が2倍以上に![/lp-h2]

NTTファイナンス Bizカードはもともとポイント勧化率が1.0%と高いのがメリットですが、このカード会員専用のサイト「倍増TOWN」経由で対象サイトにアクセスし、ショッピングすることで、更に多くのポイントを獲得することができます。

「倍増TOWN」に参加しているのは楽天市場、Yahooショッピングのような一般的なショッピングサイトに加え、ビッグカメラ.comやMicrosoft Storeのようなパソコン製品関連ショップも含まれているため、オフィスで必要なOA機器を購入すると大幅なポイント還元を受けられます。

「倍増TOWN」には多くのサイトが参加していますが、各サイトによって還元率2倍~13倍と異なりますので、最大メリットを得られるように利用前に確認することをお勧めします。

[lp-h2 style=”3″]2.出光キャッシュバックシステム[/lp-h2]

全国の出光サービスステーションでNTTファイナンス Bizカードを使って給油すると、月間のクレジットカード利用金額に応じて、翌月の給油価格が割引になります。

しかも、その割引は2円~40円/Lとかなりお得です。(出光スーパーゼアス、出光ゼアスの場合)

1,000円 2円/L
2万円 4円/L
5万円 10円/L
10万円 20円/L
20万円 40円/L

車で通勤している、長距離出張も営業車を使う、週末も接待ゴルフで車に乗るなど、自動車使用の頻度が高い場合は給油の額も相当になるため、この出光キャッシュバックシステムは大きなメリットとなります。

毎月一定額の給油が見込まれる場合は、出光での給油のためだけにでもNTTファイナンス Bizカードを持つ価値があると言えます。

詳細ページ公式ページ

[lp-h2 style=”2″]NTTファイナンス Bizカードのデメリットとは?[/lp-h2]

NTTファイナンス Bizカードでは、レギュラーカードは年会費が無料な上に、かなり上質なサービスが提供されます。

それに比べると、年会費10,000円(税別)のゴールドカードはメリットが低いと言わざるを得ません。

レギュラーカードと差別化されるゴールドカードの特典は、ETCの年会費が無料、レギュラーカードより高額保障の海外旅行保険、及び空港ラウンジサービスというくらいで、年会費に対するコストパフォーマンスはさほど良くありません。

 

[lp-h2 style=”1″]NTTファイナンス Bizカードの口コミ・評判まとめ[/lp-h2]

では、実際にNTTファイナンス Bizカードを利用したユーザーの口コミを見てみましょう。

ゴールドカード会員ですが、海外出張時には空港ラウンジが使えてとても便利です。フライトの時間まで空港で時間を潰さなければならない時に、仕事がしやすい環境になっています。飲み物も無料なので快適です。

年会費が無料の法人カードを探していたところ、NTTファイナンス Bizカードを知りました。初年度年会費無料というカードは他にもありましたが、このカードは2年目以降も年会費が無料なので迷わず決めました。

他のカードでは、溜まったポイントをキャッシュバックするときは還元率が下がることが多いですが、NTTファイナンス Bizカードはキャッシュバックでもギフト券などへの交換と同じ還元率1.0%なので、ありがたいです。

Webの明細編集サービスは経費を管理する際にとても便利です。

NTTファイナンス Bizカードは年会費が無料な上に、ポイント還元率が1.0%というのが最大のメリットだと思います。出張費を含む、会社関連の経費をできるだけこのカードで支払うようにして、ポイントを貯めるようにしています。

法人用のNTTファイナンス Bizカードは一括払いのみなので、個人事業主用のように分割払いができたら最強だと思います。

少々距離のある出張先にも社用車で行くことが多いので、出光のガソリンスタンドを利用するようにしてキャッシュバックの恩恵を受けています。

NTTファイナンス Bizカードはレギュラーとゴールドの2種類ありますが、正直、ゴールドは年会費10,000円を支払う価値はあまりないように思います。海外に頻繁に行くような人でなければ、年会費無料なことを考えるとレギュラーカードの方がメリットが大きいと思います。

年会費が無料である点とポイント還元率1.0%というのが大きなポイントになっているようですね。

 

[lp-h2 style=”1″]まとめ[/lp-h2]

ポイント還元率1%というNTTファイナンス Bizカードは、経費節減に活用できる便利な法人カードです。

様々なショッピングや、海外出張、更には営業車や自家用車の給油にもこのカードを使うことで、どんどんポイントが貯まるため、法人や個人事業主向けにお勧めの1枚です。

WEB明細も経費精算しやすように分割、メモ追記ができる機能が提供されるので、面倒な経理業務も楽に進められます。

これから法人カードを申し込もうと考えている方は、NTTファイナンス Bizカードを使ってみませんか?

特に、レギュラーカードは、貯まったポイントでの経費節減に加え、年会費無料という魅力の法人カードです。

三井住友VISAカードのを徹底解剖!他社比較と評判・メリットデメリットについても紹介。おすすめする理由とは?

働き始めて落ち着いてくると

そろそろクレジットカードを作ろうかな……と、考え始める方も多くなってくるのではないでしょうか?

使い方を間違えると大変なことになりますが、やはり便利ですよね。

たくさんあるクレジットカードの中から、どこの会社を選んで作るか悩んでしまいます。それぞれに嬉しいポイントが色々ありますからね。

本記事では、そのなかの一つである三井住友VISAカードの特徴や口コミ・評判をまとめていきます。

三井住友VISAカードとは?

三井住友VISAカードと聞いて、知らない人はあまり居ないのではないでしょうか。

それもそのはず、三井住友VISAカードは日本で初めて発行されたVISAカードです。

商号 三井住友カード株式会社
設立 1967年12月26日
事業内容 クレジットカード業務

デビットカード・プリペイドカード・その他決済業務

ローン業務、保証業務、ギフトカード業務、その他付随業務

年会費 初年度無料・2年目以降1,250円+税
公式サイト 公式サイトはコチラ

発行も速く、最短で翌営業日で発行可能ですし、インターネットからの申し込みの場合5分程度でカード番号が発行され、そのカード番号を使ってインターネット上のショッピングであればスグに利用可能。

また、在学中の年会費が無料になる学生対象のカードであったり、旅行傷害保険が充実しているカードなど、用途に合わせた様々なカードを作ることが出来ます。

三井住友VISAカードの特徴

ここでは三井住友VISAカードの特徴や強みを3つ紹介します。

  1. 安心と信頼感の高い定番カードである
  2. 審査申し込み基準が単純で学生も申し込める
  3. ポイント還元率は0.5%。ポイントUPモール経由だと最大20%

それぞれについて深く掘り下げていきます。

特徴1:安心と信頼感の高い定番カードである

一番の特徴といえば、やはり長年の実績や最高のセキュリティに基づいた安心と信頼感です。

カード会員へのサポート面について、とても安心できるという点が嬉しいです。

安心感に繋がることとして、セキュリティへの意識が業界最高クラスということが挙げられます。

ICチップ搭載はもちろん、ワンタイムパスワードが発行されますので、ネットショッピングの際に不正なアクセスを防止してくれます。

そして24時間365日体制で不審なカード利用をチェックしてくれています。そのため、普段ではあり得ない用途や金額の利用があった際には電話やメールにてすぐ連絡をくれます。

もしも、不正利用されてしまった場合でも補償があります。もちろん、補償対象とならないケースもありますので、詳しくは公式ホームページにて確認してみてください。

特徴2:審査申し込み基準が単純で学生も申し込める

三井住友VISAカードの審査基準は

  • 高校生を除く満18歳以上の方
  • 未成年の方は親権者の同意が必要

となっており、よくあるカード基準の安定した収入や勤続年数は一切求められません。

つまり、どういうことかといいますと、主婦やアルバイトの方でもカードを作れる可能性があります。

大学生や専門学生でも問題なく作れるカードもありますが、申し込みの際に各種書類が必要になりますので、事前に準備しておきましょう。

また、過去に別の会社のクレジットカードで延滞などを繰り返していたり、無職で収入が無い方の発行は難しくなりますので気を付けてください。

特徴3:ポイント還元率は0.5%。ポイントUPモール経由だと最大20%

三井住友VISAカードには、ワールドプレゼントというポイントサービスがあります。

基本的にポイント還元率は0.5%となっており、少なく感じますが、ポイントUPモールという会員限定のサイトを経由してネットショッピングをすることで、ポイントが2~20倍になります。

かなりお得ですので、ネットショッピングをする際は利用すると良いでしょう。

貯まったポイントは景品と交換したり、他社のポイントと交換することが出来ます。

たとえば、nanacoポイントやAppleのiTunesカード、ギフトカードなどなど。

ポイントには交換期限がありますので、特に交換したい景品が無いのであれば、こういった他社のポイントと交換しておけば、お得です。

三井住友VISAカードのメリット・デメリット

三井住友VISAカードのメリット・デメリットを紹介します。

特徴から見えてくるメリットやデメリットには、どんなものがあるのでしょうか。

他社のカードと比べてみて、実際に利用するかの判断に役立ててください。

三井住友VISAカードのメリットとは?

  • 三井住友銀行と併用するとお得
  • カード付帯保険サービスが手厚い
  • 年会費が割引になったり実質無料になる

三井住友銀行と併用することで、SMBCポイントパック制度により、手数料が無料になるなど、様々な特典を受けられます。

SMBCポイントパックの内容としては、一定の条件を満たすことで、翌々月の三井住友銀行ATMの時間外手数料が完全無料になり、コンビニのATMでも月3回までは手数料を払わず済みます。

色々な都合で、結構コンビニATMを利用する方も多いのではないのでしょうか?いままでATM手数料を毎回払っている方は、これを機会に三井住友銀行セットで三井住友VISAカードを利用することをオススメします。

三井住友VISAカードには保険サービスが付いております。

  • 海外旅行傷害保険
  • 国内旅行傷害保険
  • お買い物安心保険

国内や海外での旅行・出張に安心の保険サービスで、公共交通上用具搭載中のケガ、宿泊施設に宿泊してる際に起こった火災などによるケガなどの補償をしてくれます。

必要書類や条件はありますが、とても便利で手厚いサービスですね。

また、利用していると2年目以降の年会費が割引になったり無料になります。

割引は、前年度(2月~翌1月)の支払総額に応じて、次回の年会費が割引になるというもので、カードの種類で変わりますが、100万以上300万未満の利用で20~50%割引になります。

300万以上の利用した場合だと50%~全額の割引となり、カードの種類によっては年会費が実質無料になります。

もう一つが、三井住友VISAカードが提供しているマイ・ペイすリボというリボ払いシステムに登録して、リボ払いでお買い物を行うことで次年度の年会費を無料にすることができます。

三井住友VISAカードのデメリットとは?

  • 年会費を無料にするのは難しい
  • ポイントの還元率が低い

年会費が1,250円(+税)かかることもデメリットといえますし、それを無料に出来るといってもハードルが高く難しいことも挙げられます。

普通にしていたら年間300万円以上も利用できませんし、リボ払い自体にも手数料がかかり、リボ払いの利用額が高額になったり返済が長期化すると、手数料が割高になります。

年会費を無料にしようと思ってリボ払いを使って年会費以上のリボ払い手数料を払うのは本末転倒です。

ポイントUPモール経由ですとポイントが2~20倍になりますが、そもそもネットショッピングを利用しない方もいらっしゃるので、その場合はポイントUPの恩恵を受けられないので、デメリットといえます。

三井住友VISAカードの口コミ・評判まとめ

三井住友VISAカードについての口コミや評判もまとめておきます。

多くの人がクレジットカードを利用する際に一番心配なことは不正利用ですよね。

三井住友VISAカードを長年利用していますし、日本国内だけでなく海外でも頻繁に利用していますが不正利用はゼロです。

一つ難点を言えば、ポイント還元率が低いこと。それでもカード利用のポイントはオマケみないなものなので、私は気にはしていません。

日本初のVISAカードとして誕生して様々な人に長年愛用されていることからも高い信頼性が伺えます。クレジットカードに信頼性を求める人にはおすすめの一枚です。

一通り機能は揃ってるので使ってて不便だなと思うことはないです。
その分めっちゃお得!ということではありませんが、普段使う一枚として持っておくにはいいんじゃないでしょうか。

公共料金の支払いのために三井住友VISAカードを作りました。

普段の買い物はもちろん、公共料金の支払いでもポイントが貯まり、それで飛行機にも乗れますので、とてもお得に感じています。

給与の振り込みが三井住友銀行との指定があり、口座開設をしに行った際に何かのキャンペーンをやっていたため、クレジット一体型キャッシュカードを勧められて作りました。

解約するほどの大きなトラブルもないので長年使い続けています。コツコツとポイントを貯めて商品券に交換しています。

20代の時に、海外旅行で使用するために作りました。
他社にも数社申し込んでみたが派遣のような任期のある仕事だったためか、審査不適格で発行してもらうことができませんでした。

ところが、三井住友VISAカードは、すぐに発行してもらうことができました。海外では現金をあまり持ち歩きたくないので、カードがあると大変助かりました。

他社のポイントへの移行が200ポイント以上貯まっていなきゃ利用できず、しかも100ポイント単位での交換なので使いづらい。

20%還元キャンペーンがあったのでお得と思い加入しました。

しかし、これが終わってしまったらそれ以外のメリットを感じられませんでした。

公式サイトで利用明細を確認出来ますが、これも見づらく分かりにくいです。

ただ、三井住友ブランドなので持っているだけでステータスが上がった気がするのは良い点かもしれません。

安心感や使い勝手の良さについての口コミが見受けられました。

また、一方で突出したサービスが無いことや、ポイント移行する際の制限について使いづらいことも挙げられていました。

まとめ

改めて三井住友VISAカードについてポイントをまとめると

  • 審査の条件が他社と比べて優しめ。
  • 学生でも利用可能
  • ポイント還元率は他社と比べて低め

やはり、学生や主婦の方でも加入することが出来る点がとても嬉しいですよね。

まだクレジットカードを持っておらず、1枚目を作ってみようと考えている方にオススメです。

三井住友VISAカードを作る方法はコチラから